トピックス

キーホルダー
トピックス · 10日 4月 2021
先日、たなべ内科クリニックのスタッフから、キーホルダーのプレゼントを貰いました。貰ったキーホルダーは、たなべ内科クリニックのオリジナル=ロゴマークをキーホルダーにしたもので、革製のしっかりしたキーホルダーです。もともとのロゴマークをとても精密に再現しており、Leather craft ZOOさんというクラフト工房に、スタッフが依頼して製作していただいたとのことでした。革作家のleather craft zooさんは革製品の製作を独学で学ばれたそうで、オーダーメイドの製品を作っているそうです。たなべ内科クリニックのシンボルであるレモンの木をイメージしたロゴのキーホルダーを綺麗に仕上げてくださいました。とても綺麗に仕上げていただき、ありがとうございました。leathher craft zooさんの製品は、ゆめタウン呉の1F催事場、カルディ前で展示・販売されているそうです。 呉市のキャラクターの呉氏や、かわいいパンダのキーホルダーなどがおかれいて、とてもうまくできている製品がたくさんありそうなので、今度覗いてみたいと思っています。 instagram:leather.craft.zoo

開院一か月
トピックス · 03日 4月 2021
 たなべ内科クリニックが令和3年3月3日に新規開院して、ちょうど一か月が経過しました。開院後少しずつ、患者さんに来院していただき、一般内科での診療を行うとともに、内視鏡での検査を希望される患者さんも徐々に来院され、内視鏡検査も日々行ってきました。 私自身は、今回の新規開院以前は、自分が勤務する病院のスタッフの一員として、ほぼ医療のみを行う立場でしたが、今回の新規開院では、クリニックに来院された患者さんの診察や応対を行うばかりではなく、クリニックの様々な運営に至るまで、あらゆる事項を決定し、診療業務をスムーズに行うため尽力して参りました。なにぶん私自身も、慣れないことも多く、またクリニックのスタッフも業務上、要領を得ないことも時にあり、来院していただいた患者さんにご迷惑をおかけしたこともありましたが、大きなトラブルを起こすこともなく無事開院一か月目を迎えることができました。  これからもこの広の地域で、微力ながら少しでも地域医療を支える手助けができるようスタッフ一同精進し、実りのある医療を実践できるように頑張っていきたいと考えておりますので、これからもよろしくお願いします。

高周波装置(ESG-100)
トピックス · 30日 3月 2021
今回は、内視鏡でのポリープ切除を行うときにポリープを焼き切る高周波装置について説明をします。ポリープを切除するには、内視鏡から出した、スネアと呼ばれる環状の通電できるワイヤーでポリープの根元を締め付け、このワイヤーに高周波装置から電気を流して、ポリープを焼き切ります。この時に、単に切るだけではなく、焼いて切り口を凝固させながら切ることで出血を抑えながら切ることができます。たなべ内科クリニックではオリンパス社のESG-100という高周波装置を採用しました。ESG-100は従来のオリンパス社の高周波装置より軽量化され、操作ボタンも少なくなり操作しやすくなっています。高周波装置は主に、切開波と凝固波の2種類の放電を行うことができ、ポリープを切除するときには、切開波と凝固波を交互に繰り返してスネアに流して放電することで、出血しないように焼き固めて切除できます。実際に当院でのポリープ切除では切除面を白く焼き固め、非常に綺麗にポリープが切開できており、切開後の出血を予防しています。(さらなる詳しい説明や、ポリープの切除面の写真については、「続きを読む」をクリックしてご覧ください。)

マイトイレ
トピックス · 24日 3月 2021
たなべ内科クリニックが開院して3週間経ちました。大腸内視鏡の検査を受けられた患者さんから、当クリニックのマイトイレに対する非常に良い感想をお聞きすることが多く、今回はマイトイレについて説明します。 大腸内視鏡検査をする前には、検査当日に前処置薬(大腸内の便をきれいに排便するための水薬)を、約2時間以上かけゆっくり飲み、排便していただく必要があります。この前処置薬は、自宅で飲んで大腸をきれいにした後に来院していただくことも可能ですが、当院で飲むこともできます。たなべ内科クリニックでは、この前処置薬を飲む専用のトイレ付個室(通称:マイトイレ)を2部屋用意しています。この前処置室(マイトイレ)は、小さな個室ながら自分専用のトイレがついてる小部屋で、他の患者さんの目を気にすることなく、TVを見たりしながら、個室でくつろいで前処置薬を飲んで、トイレに行っていただけます。また、大腸内視鏡検査に付き添いのご家族と一緒に来院された患者さんには、個室の控室も用意しており、皆さんにご利用していただければと思います。(さらなるマイトイレと控室の写真や説明については、「続きを読む」をクリックしてご覧ください)

開院2週間
トピックス · 19日 3月 2021
 開院して2週間経過しました。クリニックを開院する前の半年間は、いままで私が一緒にお仕事をする機会がなかった様々な分野の方々とお会いして、いろいろなことを経験・勉強させていただきました。皆さんの支えがあり、どうにかクリニックを無事開院することができ、とても感謝しています。  また、クリニック開院の際には、たくさんの方々からお祝いのお花や、励ましのお言葉をいただきました。開院日には、クリニックは皆さんからのお花であふれていましたが、無事開院でき、2週間過ぎたこともあり、クリニック内のお花の一部を自宅に移すなどの配置換えを行いました。今年は、花粉の飛来が例年以上のようで、花粉症の治療のために来院される方が、何人もおられることもあり、花粉症で受診される患者さんのお気持ちも考えて、観葉植物を中心に一部のお花だけ残しました。緑がイメージカラーの当院には、観葉植物の緑はよく合い、シンプルで素敵な色合いになっています。  たくさん方々から頂いたお花は、現在は一部のみクリニックに配置していますが、いままでお世話になってきた皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、これからも日々頑張りたいと思っています。

開院前日
トピックス · 02日 3月 2021
令和3年3月3日の開院予定日の前日となった3月2日には、たなべ内科クリニックにはたくさんの人からお祝いのお花を送っていただきました。クリニック内が多くの花で明るい雰囲気となるなかで、翌日の新規開院に向けてクリニックでは最後の調整を行いました。皆さんから送っていただいたお花をクリニック内の廊下に配置するとともに、クリニック内の備品の場所の確認から、診療に関する打ち合わせなどを午前中に行い、2月初めから研修と開院準備に尽力してくれたスタッフには、本日の午後は翌日の開院に備えて休んでもらいました。午後からは、クリニックの駐車場に設置している看板の最終調整を行いました。本日までは、看板において当クリニックの営業時間や営業日を案内している部分に、「3月3日(水)新規開院予定」と開院告知の赤字のシート貼っていましたが、本日開院告知の部分のシートをはがして、翌日の開院に備えました。朝は曇りから小雨が降る時間もありましたが、午後からは少し雲も少なくなってきているようで、明日の開院日に光がさしているように感じられる天気の一日でした。

内覧会開催
トピックス · 28日 2月 2021
本日令和3年2月28日(日)に、たなべ内科クリックでは内覧会を開催いたしました。天気予報では、週末は天気が悪くなるという予想でしたが、27日から天気は回復し、28日当日もとても良い天候の中で内覧会を行うことができました。内覧会前日までと、さらに当日にも、たくさんの方々から綺麗なお花を送っていただき、クリニックの中は、待合から廊下に至るまで花であふれ、とても明るい雰囲気の内覧会となりました。昨年から続くコロナウイルス感染症の問題もあることから、感染対策に十分注意したうえで、密を避けるために少人数ごとのご案内とさせていただきました。午前10時から午後1時までの3時間と当初の予定より短い時間での開催となりましたが、それにもかかわらず、近隣の住民の方々、地域の医療関係者の方々や、大学時代の友人の医療関係者の方々に至るまで、100人以上のたくさんの方々にご参加いただき、たなべ内科クリニックを見学していただけました。無事、内覧会も終了し、3日後に迫った開院に向けて、スタッフ一同準備を進めてまいります。

新聞チラシ
トピックス · 24日 2月 2021
昨日2月23日の天皇誕生日の祝日の朝刊に、たなべ内科クリニックの新規開業をお知らせする新聞チラシを出しました。呉市の広地区を中心に、中国新聞で新規開院をアナウンスする広告チラシを出させていただきました。新規開院するにあたり、当クリニックの診療日時やアクセスなど、地域の皆様にご周知していただくためのチラシで、当ホームページのアドレスも記載しており、たなべ内科クリニックについて地域の皆様に少しでも知っていただければと考えています。新聞チラシには週末の2月28日(日)に行うことに決定した内覧会の情報も小さく掲載しており、地域の皆さんにご来院していただけるようアナウンスさせていただきました。

開設届
トピックス · 17日 2月 2021
3月3日に予定しているクリニックの開院のため、各種届と申請業務を本日行いました。まずは、診療所開設の届を呉市保健所にて行いました。クリニック開設にあたり、当クリニックの業務従事者名簿やクリニック施設の平面図、レントゲン施設の設置届や、開設者の履歴、医師免許書のコピーなどの書類をまとめて保健所に提出し、受理しいていただきました。開設を届け出たのちに、診療所の保険医療機関申請を行うために、今度は広島市の合同庁舎内にある中国四国厚生局に足を運び、用意していた書類の提出を行い、保険医療機関の申請も行いました。本日は、それ以外にも広島県庁にも伺い、難病指定医療機関の申請や被爆者一般疾病医療機関の申請を行ったり、呉市役所にて生活保護法の指定医療機関申請などと、1日かけて開業に向けて、行政の各機関に届けや申請を行い、本日に予定していた書類提出を無事終わらせることができました。雪がちらつく寒い一日で、大変忙しい一日でしたが、3月3日の開院に向けて、着々と準備を進めています。

ストレッチャー
トピックス · 11日 2月 2021
本日のトピックスでは、たなべ内科クリニックにて採用したストレッチャーについて紹介します。ストレッチャーとは患者さんを乗せて移動ができる移動式ベッドのことです。当院ではタカラベルモント社のベルフリットという移動内視鏡検査ストレッチャーを採用し、先週2台搬入していただきました。小型の充電式リチウムイオンバッテリーの装着により電源コードをコンセントに差すことなく、フットベダルを踏んで電動で高さの調節ができます。また、リクライニングチェアーの様に背もたれを起こして、上体を起こすことができます。そして、このストレッチャーの最も優れている点として、大型4輪キャスターにより、ヘリコプターの様に、ほぼ同位置での回旋方向のベッド移動が可能であり、そこまで広くない内視鏡室内でも回旋方向の移動で、頭側と尾側の方向転換ができます。麻酔が効いてウトウトしている患者さんでも、ベッドに乗ったまま内視鏡室内で楽々と回旋して、胃内視鏡と大腸内視鏡を続けて検査ができます。そのため、検査前から検査後に点滴スペースでゆっくり休むまでベッドから降りることなくスムーズに検査ができ、検査の効率が上がることが期待されます。

さらに表示する