トピックス

超音波診断装置(エコー)
トピックス · 24日 5月 2022
今回のトピックスでは、たなべ内科クリニックにて使用している超音波診断装置(エコー)について説明します。超音波診断装置は、プローブという装置の先端にゼリーをつけて患者さんの体に当てて、プローブの先端から超音波を出すこで、患者さんの体の中の状態を画像にして観察する画像診断装置です。原理的には、魚群探知機や暗闇の中のコウモリと同じ原理です。ゼリーを付けたプローブを患者さんの体に当てるだけなので、患者さんは全く痛みもなく、検査による危険もありません。腹部の内臓の臓器や、頸部の甲状腺やリンパ節なども観察できるし、また心臓の動きや血管などの観察もでき、心臓や血管内の血液の流れ方などの評価できます。 たなべ内科クリニックで採用した超音波装置はHitachi-Alola社の新機種であるARIETTI 65です。エコーの装置は年々画質が向上しており、当院が開院してから約1年間、このARIETTI 65で検査を行ってきましたが、その画質の高さに大変驚いています。このエコー検査で診断できる病気と検査の有用性について、今後トピックスのコーナーで何回かにわたって説明していきたいと思います。

レモンの花
トピックス · 15日 5月 2022
5月に入り暖かい日も増えてくる中で、たなべ内科クリニックに植えているレモンの木にも、新しい葉が増えてきました。それとともに紫色の綺麗な花のつぼみがたくさんつくようになり、そのうちの幾つかが咲くようになりました。先週から、真っ白なレモンの花が綺麗に咲いています。クリニックの前に1本だけ植えてあるレモンの木は、ビアフランカという種類のレモンで、イタリアのシチリア島が原産地です。日本には、第二次世界大戦前に広島県に導入された種類のレモンだそうです。レモンは寒さに弱いために、栽培には冬は暖かく夏には乾燥する地域が適しているとのことです。昨年の冬には、寒さもあったせいか多くのレモンの葉が散ってしまいましたが、春になって暖かくなってきたので、たくさんの葉を付けて、多くの実が実るのを期待しています。

2022年のレモンの収穫
トピックス · 13日 3月 2022
2021年にたなべ内科クリニックが新規開院したときには、クリニックの前に植えられたレモンの木には計8個の立派なレモンがなっており、クリニックの開院後の5月にレモンの収穫をしました。それから2022年の新しい年を迎えた今年3月には、たなべ内科クリニックのレモンの木には小さなレモンが一つだけなっていました。レモンは隔年結果といって、よく実る年と、実らない年を交互に繰り返す性質があるとのことです。昨年は8個の立派なレモンを実らせていたこともあり、今年は本当に小さなレモンの実が1つだけ実っている状態でした。昨年のレモンの実を収穫したのが5月で遅かったので、その後に葉があまり育たなかったのも関係しているのかもしれません。3月3日の開院一周年の記念日が過ぎてから、2022年のレモンの収穫をしました。来年は多くの立派な実を実らせてくれることを祈っています。

モデルナワクチン
トピックス · 06日 3月 2022
 2月28日(月)より12歳以上の住民接種で使用するコロナワクチンは、呉市内のすべての診療所で、基本的に従来のファイザー製からモデルナ製に変更となりました。たなべ内科クリニックでも、同日よりモデルナ製のワクチンを使用しています。今まで、呉市内の診療所で行われる住民接種ではファイザー製ワクチンが使用されていたので、この日以後に3回目のワクチン接種をされる方はモデルナ製を使用した交差接種となっています。モデルナ製はファイザー製に比べると、若干発熱などの副反応が起こる確率が高いとの前評判でしたが、モデルナ製ワクチンの接種を始めて約一週間が経過しますが、当クリニックで接種された患者さんでも、重大な副反応は発生しておらず、順調にワクチン接種を進めています。今後、3回目のワクチン接種をご希望の方は、3回目の接種券が手元にどどき次第、予約を受け付けておりますので、電話でご連絡いただければと思います(0823 - 71- 1001)。 また、1回目の接種をまだ済まされていない方の、1回目、2回目の接種も受け付けておりますので、ご希望の方はお電話での予約のほどよろしくお願いします。

新規個別指導
トピックス · 12日 2月 2022
 先週、中国四国厚生局にて新規個別指導を受けてきました。新規個別指導とは、新規に診療所や病院を開設した場合、おおむね開設1年後に行われる厚生局による教育的指導です。たなべ内科クリニックは令和3年3月に新規開業して、約11か月後の令和4年2月に指導のお声がかかりました。教育的指導とはいえ、実際には新規開業した医療機関を保険診療の側面から取り締まる監査であり、厚生局から事前に指定された10人の患者さんに関して、患者さんのカルテや検査所見や検査画像、投薬情報など、診療にかかわるすべての資料を持参し、クリニックでの診療で必要十分な診療・検査・投薬などが行われているかどうか、不備や不正がないかなどをチェックされます。保険診療指導医の方に、10人の患者の診療状況の説明を行い、実際のカルテ記載や検査・投薬治療内容や、また保険請求に関してのチェックと質疑応答があり、たなべ内科クリニックはおおむね十分なカルテ記載と、必要十分な適切な保険診療を行っていると評価していただきました。これからも、地域医療に少しでも貢献できるよう、確実な診察・診療を行っていけるように診療体制を整えていきたいと考えています。

ホームページ開設1周年
トピックス · 01日 1月 2022
あけましておめでとうございます。令和3年3月3日の新規開院に向けて、たなべ内科クリニックのホームページを2021年1月1日に立ち上げて、早いものでちょうど1年たちました。コロナウイルス感染症により、日本の医療状況も日々変わっていく中で、新しいクリニックの立ち上げをしてゆく不安とともに、少しでも広地区の地域医療に貢献できればとの希望をもって、開院後の10か月間診療を行ってきました。市中の感染状況が刻々と変化する中、発熱や上気道症状などのコロナ感染症の疑いのある患者さんの診療にもあたるとともに、昨年の6月以降はコロナワクチンの住民接種も積極的に行ってきました。また、今まで私自身が専門とし、たなべ内科クリニックの強みでもある、内視鏡やエコーの検査でも、病気の早期発見・早期治療を行うことで地域の皆様の健康維持に少しでもお役に立てたのではないかと考えております。 今年も、微力ながら昨年よりさらに地域医療に貢献していきたいと考えています。スタッフ一同、これからもさらに努力していきますので、どうかよろしくお願いします。

くれえばん1月号
トピックス · 25日 12月 2021
12月25日に発売された呉の情報誌である月刊くれえばん1月号のLeader's messageのコーナーで、たなべ内科クリニックの院長が紹介されました。令和3年3月の開業時から現在に至るまで、呉市広の地域医療に貢献できるようにという気持ちから、クリニックで行っている医療に対する姿勢と、専門としてきた内視鏡を使っての検査・治療により、早期診断・早期治療を目指しているクリニックの理念について紹介していただいています。

AEDカプセルトイ
トピックス · 23日 11月 2021
先日当クリニックのスタッフが、お子さんとガチャガチャをして手に入れたAEDのカプセルトイをクリニックに持ってきてくれました。AEDとは、心停止の時に機器が自動的に心電図の解析を行い、心室細動という致死的な不整脈を検出した時には、不整脈を止める電気通電を行う「自動体外式除細動器」です。スタッフが持ってきてくれたのは、たなべ内科クリニックで常備している日本光電製のCardiolife AED-3100のAEDのフィギュアでした。このフィギュアは日本光電の協力のもとバンダイにより制作・販売されているカプセルトイで、AEDの形状やパーツ構成が忠実に再現されています。内部も忠実に作られており、成人と小児の切り替えスイッチもついていて、切り替え可能で、ショックボタンもキチンと押せるようにできています。改めて、当クリニックの実物と比較してみると、とても精巧に作られていました(さすがに、自動音声ガイドが流れたり、ランプの点滅や通電はできませんが)。AEDの普及・啓蒙のために、一般の方にも親しみやすい形のフィギュアとなっているのは、とても良いアイデアだと思います。

アゲハ蝶
トピックス · 22日 9月 2021
9月に入って、広島県にも台風による強い雨や風が吹きつける日が数日続きました。たなべ内科クリニックのレモンの木には、台風14号がやってくる前に蝶のさなぎがついていました。先週の台風14号の強風にも吹き飛ばされることもなく、頑張っていたさなぎでしたが、9月22日の朝にふと見ると、綺麗なアゲハ蝶がさなぎから羽化したばかりの状態で、レモンの木にしがみついていました。黄色と黒の羽をもち、一部に綺麗なオレンジと青色の斑点模様がついているアゲハ蝶で、調べてみるとキアゲハのようです。羽化したばかりのアゲハ蝶は、まだ羽がしっかりしていないのか、やや足の力も弱弱しくレモンの木にしがみついている状態でした。羽化したばかりのアゲハ蝶をそっとしておいてあげると、昼過ぎには元気よく羽ばたきレモンの木の周りを飛びまわっていました。

コロナワクチン住民接種
トピックス · 09日 6月 2021
6月9日より、たなべ内科クリニックでもコロナワクチンの住民接種を開始いたしました。6月9日に以前から予約していただいた方から順番に接種を開始しており、本日も接種後にアレルギーで体調不良を訴える方もおられず、無事にワクチン接種を行いました。5月以降に地域の多くの方々から、コロナワクチンの住民接種についてお問い合わせをいただいており、地域医療の少しでも貢献できるようにと、コロナワクチンの住民接種を行うサテライト型医療機関として手上げをしています。たなべ内科クリニックは令和3年3月に開院したばかりのクリニックであり、かかりつけの患者さんがまだ少ないこともあり、当クリニックにかかりつけでない方のワクチン接種も予約を受け付けております。現時点では、また65歳以上の接種券をお持ちの高齢者が予約の対象となっております。当クリニックでのワクチン接種をご希望の方は、電話での予約受付もしておりますので、ご連絡いただければと思います(0823‐71‐1001)。また、今後65歳未満の方や基礎疾患をお持ちの方の予約受付も開始するようになりましたら、ホームページで告知してゆく予定です。

さらに表示する