· 

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアとは

食道裂孔ヘルニアとは、本来は横隔膜の下の腹腔内にある胃の一部が、横隔膜に開いた穴(食道裂孔)を通って、胸腔に飛び出す病気です。胸と腹は横隔膜という筋肉の膜で分けられています。食道は喉から胸を通過し、食道裂孔を通って腹腔内にある胃につながっています。本来は胃が胸腔内に飛び出ることはありませんが、加齢とともに食道裂孔を支えている筋肉の筋力が低下することで食道裂孔が広がったり、肥満や便秘、慢性的な咳などのため腹圧がかかる状態が持続することで、胃の一部が胸腔に脱出してしまいます。食道裂孔ヘルニアは無症状のことも多いものの、胃の一部が胸腔に脱出すると胃の中の内容物が食道に逆流しやすくなり、しばしば逆流性食道炎を併発します。そのため吐き気や胸やけ、食べ物がつかえる感じ、みぞおち付近や喉の違和感など、胃酸の逆流により生じる症状が起こることがあります。これらの症状に対しては、腹圧を軽減するためベルトやコルセットをきつく締めすぎないようにしたり、食後にすぐに横にならないなど生活習慣を改善したり、制酸剤の内服治療を行うことで症状の軽減を図ります。また非常に高度な食道裂孔ヘルニアの場合、外科的手術による治療を行うこともあります。

 


食道裂孔ヘルニアの症状

食道裂孔ヘルニアは無症状のことも多いのですが、逆流性食道炎を併発すると、胃酸の逆流による症状を発症します。また、非常に高度な食道裂孔ヘルニアでは、胸腔内の心臓や肺を圧迫して呼吸困難や食道閉塞の症状などが、ごくごく稀に起こることもあります。

  • 胸やけや前胸部の痛み
  • 上腹部の痛み
  • 胃酸が上がってくる酸っぱい感じ
  • 吐き気や嘔吐
  • 食事が飲み込みにくい感じ
  • 咳や喉の違和感が続く など

参考ブログ:逆流性食道炎


食道裂孔ヘルニアの原因

食道裂孔ヘルニアのほとんどは、腹圧が上昇することにより胃が胸腔側に押し上げられることで起こります。腹圧上昇は、喘息などの呼吸器疾患によ慢性的な咳、肥満や妊娠、腹水貯留など各種の病態や疾患でも起こります。さらに、便秘やそれに伴ういきみなどの排便習慣や、ベルトやコルセットを強く締めるなどの生活習慣によっても、腹圧は上昇します。食道裂孔ヘルニアの発症には、食道裂孔を支えている筋肉が、加齢に伴い筋力低下することでも発症しやすくなります。また、体質的に生まれつき食道裂孔が緩く、食道裂孔ヘルニアを発症しやすい方もおられます。

食道裂孔ヘルニアの検査と診断

食道裂孔ヘルニアの診断はバリウム検査や内視鏡検査などで可能ですが、近年は内視鏡で診断されることが多いです。内視鏡検査では、たるんだ食道裂孔から脱出した胃を直接観察することで、診断と重症度を評価をできます。また内視鏡検査では、しばしば併発する逆流性食道炎の診断や、その程度も同時に評価できます。

疾患の診断・評価は内視鏡検査で行うことが多いものの、高度な食道裂孔ヘルニアではCT検査の時に、その存在を指摘されることもあります。食道裂孔ヘルニアはしばしば無症状のこともあり、そのために肺疾患などの検査のため行った胸部CTで、たまたまヘルニアが発見されることがあります。CT画像では、食道裂孔を通って横隔膜より胸腔側に入り込んだ胃や腸管が観察されます。また、非常に高度な食道裂孔ヘルニアでは、心臓エコー検査の時に食道裂孔ヘルニアの存在が疑われることもあります。心臓の内腔は、左の上下、右の上下と4つの部屋に分かれていますが、左の上の部屋にある左心房の壁を、胸腔内に飛び出した胃の一部が圧迫する像が、心エコーで見えることがあります。


食道裂孔ヘルニアの治療

食道裂孔ヘルニアの治療は、基本的には生活習慣の改善や内服薬の服用などによる保存的治療を、優先的に行います。軽度のヘルニアでは無症状の方も多く、症状がない人には薬は処方せずに経過観察になることも多いです。ヘルニアが非常に高度で、保存的治療で改善が見られない場合は、手術による外科的治療を行うこともあります。

①生活習慣の改善:食道裂孔ヘルニアの症状の多くは、胃酸の逆流による症状のため、逆流性食道炎と同様の生活習慣の改善を図ることで対応します。一回の食事量を減らしたり、食事のスピードをゆっくりしたりすることで逆流の軽減を図ります。食後にすぐ横になると逆流をしやすくなるため、食後すぐには寝ないようにします。また、肥満や便秘の改善を行うことで腹圧の上昇を抑えます。飲酒や炭酸飲料の摂取も症状悪化の一因となり、過食や過度の飲酒を控えるなど、生活習慣の見直しを行うことが必要です。

②薬物療法:胸やけなどの胃酸の逆流の症状がある場合には、制酸剤の内服を行います。

③手術療法:保存的治療で改善が見られない高度のヘルニアの場合、手術による外科的治療が行われる場合もあります。近年は、手術創が小さい腹腔鏡による手術が選択されることもあります。